欧州の「2020年問題」、最有力の「ワイトマン体制」、域内に期待と不安 (日本経済新聞)

欧州の「2020年問題」、最有力の「ワイトマン体制」、域内に期待と不安 (日本経済新聞) 2020年は欧州の金融界が大きく動く。欧州中央銀行(ECB)でドラギ総裁らが総退陣し、新しい執行部が金融政策と銀行監督の采配を振るう。後任にはタカ派のワイトマン独連銀総裁が本命視されるが域内の受け止めはどうか。「2020年問題」には期待と不安が入り交じる。 ドラギ体制では傍流に甘んじていたが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。