最後の長崎被爆捕虜が死去、オランダ人のブッヘルさん (日本経済新聞)

最後の長崎被爆捕虜が死去、オランダ人のブッヘルさん (日本経済新聞) 太平洋戦争中、長崎市にあった捕虜収容所で原爆に被爆した外国人捕虜のうち、最後の1人とされるオランダ人のウィリー・ブッヘルさんが今月、99歳で亡くなっていたことが24日、旧日本軍の戦争捕虜の実態を調査する市民団体「POW研究会」(東京)への取材で分かった。同研究会の会員が遺族に確認した。同...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。